like1negitoroのブログ

新卒社会人の日常

オナ禁生活 42日目(電車効果は効果あり? 電車効果の真実

電車効果について

 

今日は電車効果についてまとめてみようと思う

  • 電車効果とは?

 

  • 電車効果を測るためのルール

 

  • 現段階での電車効果

 

  • リセット後の予定

 

電車効果とは?

電車効果について説明しよう。電車効果についてまとめているサイトはあまりみつからなかったため、個人的に書いてみる。

 

電車効果は、その名の通り、電車内で起こる現象である。

 

発生原因

 

電車効果の発生に必要な要素は、オナ禁である。オナ禁は説明しなくても分かると思うが分からない方はこちらを参照にしてほしい。

 

d.hatena.ne.jp

 

電車効果は、オナ禁をしていると感じる効果である。

 

何が起こるのか

 

電車効果で分かる現象は、女性が近くに寄ってくるというものだ。

それが、運なのか、思い込みなのか、嘘なのか現状よく知られていない。

  • 女性が隣に座ってくる回数が、増える
  • 電車内で気づいたら周りに女性しかいない
  • 接触が起こる(頭を肩に置いて寝てくる

 

電車効果はこんな感じだろうか。

 

電車効果を測るためのルール

 

私は、24日~42日までの間電車効果を測定してきた。

これからも測定するつもりだが、ルールをおさらいしておいたい。

 

ルール

  1. 相手より自分が後に座った場合、カウントしない
  2. 意図的な操作はカウントしない(2人組が座ろうとした場合1つ席を空けて、譲る場合など
  3. 予め、隣の席を空けておく(バスなら2人席の隣を空けて、電車はなるべく自分の両サイドを空ける
  4. 人の迷惑にならないように、席を詰めれるときは席を詰める。これもカウントしない。
  5. 混んでて座れない場合(立っている場合)隣に女性が立っていてもカウントしない。

大体こんな感じである。

電車やバス内で乗車してくる男性比率と女性比率は、見た感じ1:1くらいだと思われる。1日のうち、バスを4回電車を4回、最大で8回利用する。

 

大学に行くとき、スクールバスを利用する時もあれば、自転車で大学に向かう時もあるので、交通機関は1日6~8回である。また、大学が無い日で家から出ない日もあるのでカウントが進まない日もある。

 

基本的に朝の時間帯は混んでいて座ることは難しい。また、スクールバスに関しては女性の乗車比率の方が若干高いと思われる。

 

現段階での電車効果

 

今まで、禁欲24日~42日現在までの記録をまとめてみようと思う。

 

 

f:id:like1negitoro:20180925191517j:plain

 

グラフの作り方が分からないのでエクセルから撮った画像だが、男性38%

女性53% 座らない9%となった。

 

今まで(禁欲前)の比率を測定していないので違いは分からないが、確実に言えることは女性の方が多いということである。

 

これは、電車効果といってもいいのではないか。

 

また、1日ごとに確認しても、男性が女性の人数を超えたことは、1回も無かった。

つまり、毎日女性の方が多く隣に座っているのだ。

 

これからの目標

 

日数を重ねていき、日数を重ねるほどパーセンテージがどう変動していくのか記録していきたい。

 

ちなみに今日は、男性1、女性4、座らない1であり、その数もグラフに入れておいた。

 

リセット後の予定

 

まだまだ先にはなるが、いずれは、リセットする。リセットした後も禁欲に対するブログは続けていこうと思う。禁欲中と比べてどうなるかということをメインとして記録する。

 

例えば、禁欲中は隣に女性が座ってくることが多いのに対して

禁欲を解除した途端に、隣に座ってくる人が男性ばかりになったとしたら、

電車効果の信ぴょう性はより高くなり、よい結果を残せることとなる。

 

しかし、禁欲を解除しても女性が多く隣に座ってくる場合は、電車効果というものの信ぴょう性は低くなる。

 

どちらに転んでも私的には面白いと感じている。ネットにばらまかれた嘘情報を暴くことの一端となるのか

 

それとも、現在の科学などでは証明できない、特殊な力が働いているのかという、

 

どちらにしても満足のいく結果である。

やはり、禁欲信者からすると後者を期待はするが。